「余生短し恋せよバイク」リターンライダー鎮魂歌

「向こう側」に渡り切る前にリターンライダー復活する?しない?

【リターンライダーが選ぶ基準】乗るべきバイクと乗らない方がいいバイク

f:id:ossanzu:20200518174936j:plain

排気量がいくつでもどんな種類でも「バイクは楽しいぞぉ~」だ。タイヤが2個付いてエンジン付いていれば楽しい乗り物だからだ。

免許の制限がなければ50CCクラス~リッター超えクラスまで選び放題である。カテゴリーも原付からアメリカンまで幅広いラインナップなので頭を悩ませる。

乗りたいバイクに迷ったら、排気量別に購入を検討するのが定石だ。これから「乗るべきバイク」と「乗らない方がいいバイク」を絞っていきたい。

 

 

リターンライダーに50CCクラスはまだ早い

f:id:ossanzu:20200518195118p:plain

50㏄バイクの代表格はスクーターだ。

昭和中期、車をひとり1台持てない時代のお母さん達の足として活躍してきた。昭和後期になると学生たちの翼として今度は一世を風靡した。2ストエンジンの終焉と共にその姿は少なくなる。

リターンライダーの乗るべきバイクとしての選択肢は少ない。唯一私の食指に掛かるのがホンダのクロスカブだ。新聞配達でお馴染みの業務用カブの派生モデルである。業務用カブとの大きな違いはそのスタイルで小洒落た感じがなんとも愛おしい。

もちろん工業製品としての性能は高い。燃費・維持費・耐久性のどれをとっても日本を代表する業務用カブと同じだからだ。

可愛らしいクロスカブだが40代の私にはまだ早いと思う。トコトコ田舎道を走る姿は隠遁ライダーを彷彿させるからだ。遠心クラッチは楽だが今はまだクラッチ操作を楽しみたい。

まだまだ40代。もっと遠くに行けるはずだ。

 

 

コスパ重視なら125CCクラス

f:id:ossanzu:20200518195442j:plain

Monkey125 | Honda

40代リターンライダーに比較的手に入れやすいのが125CCクラスだ。

1番の魅力は維持費だろう。子供や家にお金が掛かる世代にとって、車とバイクの両方を維持し続けることは難しい。125CCクラスなら自動車保険のファミリーバイク特約を使えば単体でバイク保険に入らなくても済む。これはお小遣い制のパパ世代なら見逃せない。

125CCだからと云ってバイクとしての能力は低くない。バイクとして必要最低限の装備はコンパクトにまとめ挙げているからだ。ホンダの2代目モンキー125は賛否両論ではあるが珠玉の逸品だ。以前のモンキーよりだいぶ大きくなった図体は安定感を生み幹線道路の真ん中も走れる。原付ではないので2段階右折をするか悩まずに済むのは良いことだ。

一番楽にバイク楽しめるが、楽が1番で良いのか悩むところだ。

 

250CCからが本気モード

f:id:ossanzu:20200518195501j:plain

話題沸騰!Ninja ZX-25R 大注目の4気筒スーパースポーツ、その詳細に迫る!【東京モーターショー2019】<動画あり> - webオートバイ

このクラスからがバイクに翼が生えると云っても良い。

これまでの排気量のバイクとは加速感が桁違いに良くなるからだ。アクセルを捻ればいとも簡単に自分の領域を飛び出すことが出来る。これならちょっと遠出をしても疲れないので県外のホットスポットにも出掛けたくなる。

林道やツーリングをするならヤマハのTOURING SEROWが欲しい。もともとのSEROWにフロントスクリーンやリアキャリアなどを装備したパッケージだ。この装備があることでテントや大きな荷物も楽に積める。まさに旅人が生んだバイクだ。

オフ車のメリットは着座姿勢にもある。前傾姿勢のきついスポーツバイクでは長時間の運転で背中や腰が痛くなる。着座姿勢がほぼ直立になるこのバイクなら2時間くらいなら休憩なしでも走れそうだ。これなら通勤で使っても良いだろう。

バイクとしての操る楽しみを堪能したいならカワサキのNinja ZX-25Rが1番熱い。最近の250CCクラスは2気筒エンジンが主流である。2気筒が悪いわけではないのだがバイク全盛期を知る40代としては4気筒でなければならない。なにが良いかってそのままであるがエンジンである。「レッドゾーンまでの回転数」「排気音」「吸気音」は4気筒ならではなのだ。2020年の秋ごろ発売予定なので今から心がザワつく1台だ。

 

 

400CCクラスならオーバー750クラス

f:id:ossanzu:20200518195518j:plain

SR400 - バイク・スクーター | ヤマハ発動機

正直このクラスは私の中ではオワコンだ。

400CCともなると車検もある。税金等の維持費もオーバー750と変わらない。車格は250CC寄りでパワーはオーバー750寄り。乗れば面白そうではあるが購入には至らないだろう。

唯一ヤマハのSR400は別格だ。単気筒エンジンながら400CCの排気量を誇る。独特のフォルムと鼓動感はSRファンの心を掴んで離さない。カスタムパーツも充実しているので自分だけのSRを作れる喜びは他のバイクでは味わえないだろう。

普段着が1番似合いそうなバイクである。いちいちバイク用の服装に着替える必要がないのは毎日乗りたくなる為の必須条件だ。これなら通勤だけでなく「ちょっとコンビニへ」も気軽に出来そうだ。

 

 

リッター越えクラスは意外と乗らない

f:id:ossanzu:20200518195535j:plain

CB1300 | Honda

オーバー750はもはや昔の話。

いまやリッター超えが当たり前のこのクラスは1番ランナップが充実している。大型免許が教習所で取得出来るようになり一層人気が高くなっている。反面、中古バイク市場では3,000㎞以下の良質なバイクがゴロゴロしている。早い話、買ったは良いけど乗っていないのだ。

このクラスになると乗るのにも儀式が必要になる。まずは濡らしたくないから天気予報のチェックからだ。天気が大丈夫なら相応しいウェアを着込む。バイクカバーと防犯グッズを外す。暖気運転もしっかり行いやっと乗り出せる。もちろん帰宅したらまた儀式だ。車両重量も今までのクラスとは違い跨って動かすのも一苦労である。買ったばかりの頃なら良いが毎日こんなことはやってられない。そのうち乗らなくなるのが関の山だろう。

このクラスで欲しいのはホンダのCB1300 SUPER FOUR、カワサキのZ900RS CAFE、 ハーレーダビッドソンのSTREET BOBだ。今までのバイク遍歴でこのクラスは乗り尽くしたつもりだが結局「乗るまでが面倒で乗らなくなる」である。

バイクとしてはメーカーの肝いりだから最高の出来だ。スタイルからパワーまで人を魅了して止まない逸品だ。バイクとしての性能は最上級。そのパワーはもはや神の領域と云っても過言ではない。だからこそリターンライダーには手に負えないのも知れない。

 

 

最後に

色々考えても最後は直感が大事。

「バイクは女と一緒論」は賛成しかねるが、好きになった相手じゃなければ一生添い遂げたいとは思わないだろう。

一目ぼれで決めようが、よくよく考えた末に選ぼうが最後は自分の感性がものを云う。まあその直感が鈍いから私はまだ最後のバイクに巡り合えていないのだが・・・

 

バイク選びはアレコレ思いを馳せている時が一番楽しい。「夏になったらテント持って最北端でうに丼だな」とか「新潟のハルピンにラーメン食いに行くぞ」なんて想像しただけでヨダレが出てくる。

何はともあれ、もう少しこの至福の時間を楽しんで空想に耽るとしたい。

こんな方とつながりたい

・バイクが好きor興味がある

・バイクに乗っているorこれから乗る予定

・リターンライダーorリターンライダー検討中

以上の方は【読者登録】と【ブックマーク】をして下さい↓↓↓