「余生短し恋せよバイク」リターンライダー鎮魂歌

「向こう側」に渡り切る前にリターンライダー復活する?しない?

「死んだらダメよ」人生は一度きり【リターンライダーを再決意した理由】

f:id:ossanzu:20200520222138j:plain

「明日死ぬなら今日後悔しないことをやれ」そんな言葉を最近耳にした。

 

明日死ぬとしたら会社には行かない。そう思ったら「俺何してるんだ?」に変わってからの「またバイク乗ってみるか・・・」に突然変異した。

 

私の心は【バイクに乗る】選択肢を選びたがっているようだ。

 

 

人生一度きりだからこそ乗らない選択もある

バイクの怖さは【死ぬこと】【死ねないこと】の2つだ。

【死ぬこと】は事故でそのままお迎えが来ることだが、【死ねないこと】は後遺症で身動きが取れなくなったり手足を失うことである。

 

一度きりの人生だからこそバイクに乗る選択もあるが、乗らない選択もある。

どちらを選ぶにしても【やった後悔】【やらなかった後悔】のせめぎ合いだ。

選ぶ基準は「何を得るか」だ。乗っても乗らなくても後悔するならそれがランドマークになる。

 

人生には取捨選択が付き纏う。何かを手に入れれば何かを失うのは古今東西共通だろう。

 

「バイクに乗るという事は・・・」

深過ぎて今はまだ決められそうもない。

 

 

明日死ぬなら今日何をして過ごす?

よくある質問に対してよくある答え

・家族や愛する人と過ごす

・好きなモノを好きなだけ食べる

・好きな場所へ出掛ける

バイク乗りなら「バイクで走る」と言うところだ。明日死ぬなら今日死んでも後悔しないし、死にきれなくても1日くらきなら我慢出来そうだからだ。

 

 

ビビリミッター発動中

なんのことはない。事故が怖いのだ。事故によって自分と家族の人生が壊れることが怖いのだ。

 

バイクに乗らなければ不幸が訪れない訳ではない。そんな保証は誰にも出来ない。

明日には自動車事故で死ぬかも知れないし、死に切れないかも知れない。にも関わらず、バイクに乗る怖さは一体何だと云うのだ。

 

ビビリミッターの解除法

明日病気で【死ぬ】、【死に切れない】状況にならないとなぜ思えるのか?今日健康でも明日体調崩して病気が発覚することはよくある話だ。

 

確率の問題なのか?バイクの事故率と車の事故率を比較して危ないと判断するなら、初めて乗った飛行機で墜落事故に見舞われた人は「運が悪かった」では説明がつかない。

 

結局のところ、自分の経験が「バイクは危ない」と判断しているだけだ。一般論でも確率でもなく自分の脳が「バイクは危ないよ〜」と言っているのだ。

これを本能と捉えるのかトラウマと云うのかは知らないが、バイクに乗ることをビビっているだけである。

「ビビリミッターを解除出来るのは自分しかいないのだ」

 

こんな方とつながりたい

・バイクが好きor興味がある

・バイクに乗っているorこれから乗る予定

・リターンライダーorリターンライダー検討中

以上の方は【読者登録】と【ブックマーク】をお願いします↓↓↓