「余生短し恋せよバイク」リターンライダー鎮魂歌

バイクに「乗るか乗らないか」悩むリターンライダーに捧げるブログ

「バイク事故って偶然?必然?」ヒヤリ・ハットを無くして事故を減らせ!

f:id:ossanzu:20200608161715j:plain

バイク事故と「ハインリッヒの法則」を考えてみた。

偶然とも思われがちなバイク事故。そこには必ず日頃の運転との因果関係が存在する。

 

渋滞した道路を走る時、【すり抜け】をしたことがある人は多いだろう。

車を運転している側から言わせてもらえば、「危ない」以外の何者でもない。

しかし、渋滞路をすり抜けして目的地に早く辿り着けるのは、バイクならではの特権である。

 

ところが、バイクの【すり抜け】行為は、交通事故の大きな原因のひとつだ。

すり抜け以外にも、「対向車線のクルマが右折待ち」、「バイクが直進」で衝突する【右直事故】や、見通しの悪いコーナーで、センターラインを越えてきた【対向車を避けようとして起こる事故】など、バイクならではの事故と、バイクだったから起こる事故がある。

どちらの事故にしても、普段バイクで走っている時に必ず予兆があったはずだ。

その予兆に耳を貸さず、なんの対策もせずにいつもの様に走り続ければ、事故を起こしてしまうのは自明の理と言えるだろう。

 

 

ハインリッヒの法則とは?

医療や製造などの現場では、事故を未然に防ぐ必要性が高いことから、危機管理がよく研究されている

損害保険会社に勤めていたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒは、ある工場で発生した数千件の労働災害を調査し、事故が起こる際の法則を見つけたのだ

 

【重大な事故】:【軽微な事故】:【ヒヤリ・ハット】1:29:300の比率で事故が起こる、という法則だ。

 

【ヒヤリ・ハット】とは、事故にはならなかったが「一瞬ヒヤッとしたり、ハッとしたりする場面」のこと。

事故の発生比率が1:29:300の法則に則っているならば、この【ヒヤリ・ハット】を減らすことで【重大な事故】と【軽微な事故】が減るのだ。

つまり、大きな事故を起こさない為に、小さなミスを減らすことが大切なのだ。

 

 

1:29:300の「ヒヤリ・ハット」

1件の重大な事故には300件の【ヒヤリ・ハット】が隠れている。

優れた医療現場や製造工場では、この【ヒヤリ・ハット】の報告を大切にする。

ミーティングで話し合ったりすることで、重大な事故を未然に防ぐことを目的としているからだ。

 

【ヒヤリ・ハット】を報告し話し合うことで、関わる全ての人が正確な状況把握と原因を分析し、対策を立てるようになる。

そこから情報の共有化が生まれ、全員が共通の認識で行動出来るようになるのだ。

つまり、重大な事故→軽微な事故→ヒヤリ・ハットという順番で検証するのではなく、現場で起きているヒヤリ・ハットを把握して→原因を分析し→対策を立てることで軽微な事故を減らし、最終的には重大な事故を無くす、という考え方がハインリッヒの法則なのだ。

 

 

バイク事故を減らすためには?

バイクに乗っている時の【ヒヤリ・ハット】とは何だろう?

・渋滞した車を縫うようにすり抜けした時

・幹線道路を直進していて、右折待ちの対向車が飛び出して来た時

・路肩を走っていたら、並走していた車が急に左折して来た時

クルマと違って【ヒヤリ・ハット】の回数が多いバイクは、ハインリッヒの法則に当てはめると、やはり事故に遭う確率が高いと言える。

しかし、【ヒヤリ・ハット】の回数を減らすことが出来れば、重大な事故を無くすことが出来るのだ。

 

すり抜け時の【ヒヤリ・ハット】を減らすなら

・停止している時以外はすり抜けをしない

・車の左側をすり抜けしない

 

右直時の【ヒヤリ・ハット】を減らすなら

・2車線あるなら追い越し車線を走らない(1車線ならなるべく左側を走る)

・対向車線の車を先に曲がらせる

 

見通しが悪いコーナー時の【ヒヤリ・ハット】を減らすなら

・右カーブではセンターラインに寄らない

・見通しの悪いコーナーでは充分に減速する

ちょっとした事だが、いつもの習慣を変えるだけで【ヒヤリ・ハット】は減る。

【ヒヤリ・ハット】が減れば【軽微な事故】は減り、【軽微な事故】が減れば【重大な事故】は起こらないのだ。

 

バイク乗りは兎角、「危ない目」に遭うと、何事もなく無事にやり過ごせた事を自慢するが、無事にやり過ごせる【ヒヤリ・ハット】のうちに考え方を改めるべきだ。

【ヒヤリ・ハット】を軽んじているバイク乗りは、その先にある【重大な事故】の存在を知るべきだろう。

 

1:29:300のハインリッヒの法則は、事故は偶然ではなく必然と捉えている。この法則がバイク事故に100%当てはまるとは言えないが、永くバイクを愉しむための指針にはなるのではないだろうか。