「余生短し恋せよバイク」リターンライダー鎮魂歌

リベンジ!「乗るか乗らないか」悩むリターンライダー

「値段高過ぎ!でも欲しい!」カワサキ Ninja ZX-25R【購買ターゲットは40歳以上?】

f:id:ossanzu:20200620213023j:plain

数年ぶりに「バイクが欲しい!」、と思わせてくれたカワサキ Ninja ZX-25R。

▼250㏄クラス

使い切れるパワー!乗せられるバイクではなく操れる排気量!

 

▼4気筒4ストロークエンジン

往年のレーサーレプリカを彷彿とさせる4気筒エンジン!

 

▼1万5千回転とも2万回転ともいわれる高回転型エンジン

シフトアップを引っ張る楽しみ。回転数と共に甲高く咆哮する排気音!

 

▼Ninjaの系譜

排気量の250㏄でもNinjaの勲章付き!

 

今まで不遇なラインナップだったクォータークラスに、突如現れた新星Ninja ZX-25R。2020年の秋から冬に発売予定。世の中のリターンライダー予備軍は浮足立っている事でしょう。

 

 

250㏄クラスに復活の狼煙か?

f:id:ossanzu:20200622153337j:plain

1980年代後半から1990年代前半はクォータークラス全盛の時代でした。

ホンダ NSR250、ヤマハ TZR250、スズキ RGV250Γ、カワサキ ZXR250など、心躍るバイクのほとんどは250㏄でした。(その当時中免だったので)

当時のバイク雑誌「バリバリマシン」は、250㏄クラスを愛するバイク乗りの心を鷲掴みにして、誰も彼も「ハングオン」に明け暮れさせました。

その後、走り屋の取り締まり強化や排ガス規制、大型2輪免許取得が教習所で出来るようになったことを受けて、クォータークラスは徐々に衰退していったのです。

 

最近の250㏄クラスと言えば、「スポーツバイク」なのに2気筒35馬力前後のエンジン。乗り易さ重視のマイルドスポーツバイクに成り下がり、レーサーレプリカと言われた時代の250ccバイクとは全く異なります。

「レーサーレプリカ全盛」を知る私にとって、全く心躍らないバイクにいつの間に変化していたのです。

 

あれから20年余り、遂に?やっと?久しぶりに「これ欲しいわ~!」と思えるバイクの発売NEWS。それからというもの寝ても覚めてもNinja ZX-25R。乗ってる姿を想像しては独り「ワクワク」「ドキドキ」している始末。「いつかはまたバイクに乗る」と朧げに思っていた気持ちに蹴りを入れられた気分です。

 

Ninja ZX-25Rの売れ行き次第でしょうが、他のメーカーもこういったスペックのラインナップを増やしてくれれば、減少するバイク人口に歯止めは掛からなくても、何かしらのムーブメントが起こりそうです。

各バイクメーカー様にお願いです!4気筒4ストローク高回転型エンジンの250㏄クラスを増やして下さい!(笑)

 

 

エグゾーストノート(排気音)by YouTube

https://youtu.be/hG8mJ9ztepYyoutu.be

 

 

サーキット走行by YouTube

https://youtu.be/K6c7RgXURS4youtu.be

 

価格もドキドキ💓

正式な価格は発表されていませんが、バイク雑誌各社の予想価格は99万円以上とかなり高額。先日、ニュージーランドの販売価格の発表では約111万3000円!乗り出し価格は100万円以上になるのは間違いなさそうですね。

現行モデルのNinja400 が72万6,000円。大排気量≧小排気量=高価格≧低価格という今までの常識は吹き飛びました。バイク人口が減少する中、今までと同じような250㏄クラスの販売価格では、商売として旨味が無いのは分かりますが、もう少し何とかして欲しいものです。(´;ω;`)ウゥゥ

TwitterでもNinja ZX-25Rの値段が気になるようです。